群馬県のハイスクールガイド
(令和3年度入学者選抜用)

 
COUNTER364623

県内の高校等のホームページ

農業科

 農業高校では、生命を愛し、育て、生命の基盤である食料や地域環境等を守るための学習を基本に、
「植物の栽培や動物の飼育、バイオテクノロジーについて学習したい」
「食品について学び、食品加工の仕事がしたい」
「自然環境を整備し、地域の開発を進めたい」
「専門技術を身に付け、資格を取得したい」
「生活環境や地域福祉を考え、家庭生活や福祉に関する学習をしたい」
「専門性を深めるために大学や専門学校に進学したい」等の生徒一人一人の学習二一ズに積極的に応えています。 


1 生物生産科・植物科学科・植物デザイン科
(1) 学習内容

 食料生産や草花などの栽培に関する学習を基礎に、地域社会の「食」や環境保全など、私たちの生命に密着した学習を行います。
 
(2) 各校に設置されているコースごとの主な学習内容と学習科目
  ※共通に学習する科目:「農業と環境」・「総合実習」・「農業情報処理」・「課題研究」
ア 生物生産科
学科・コース
 学習内容
 設置校
  生物資源コース野菜の栽培技術や家畜飼育技術等について学習します。 
      
  食品文化コース地域農産物の生産、加工・製造、流通などを中心に学習します。
  バイオビジネスコース 草花・野菜などの栽培技術、加工、流通や販売について学習します。
  フードビジネスコース野菜等の食材の生産から豊かな食生活を提供するフードビジネスについて学習します。
  植物科学コース野菜・草花などの園芸作物の栽培技術を中心に学習します。
(H30.4月開校)
  動物科学コース家畜やペット類の飼育や繁殖技術を中心に学習します。
  園芸コース草花・野菜などの園芸作物の栽培技術を中心に学習します。
  ガーデニングコース造園やガーデニング、環境緑化の知識・技術を学習します。
  生物生産コース農業生物の栽培、飼育及び環境に関して総合的に学習します。
イ 植物科学科
コース
 学習内容
 設置校
  野菜・草花コース
野菜・草花などの作物栽培の技術を中心に学習します。
  果樹・作物コース
果樹・作物などの作物栽培の技術を中心に学習します。
 ウ 植物デザイン科
コース
 学習内容
 設置校
  植物バイオコース遺伝資源の活用、地域農業の活性化や環境保全等に関する植物バイオテクノロジー技術について学習します。
  フラワーデザインコース   園芸植物の栽培を基礎に、花と緑を素材としたフラワーデザインについて学習します。


2 動物科学科
(1) 学習内容
   家畜は食料としてのみならず役畜として人類の食や生活を豊かにしています。イヌやネコなどのペットの存在もまた人間生活に欠かせなくなってきています。
   牛や豚などの産業動物だけでなく、ペットや実験動物などの飼育や管理・しつけ、福祉への活用など、動物について総合的に学習します。

(2) コースごとの主な学習内容と学習科目
  ※共通に学習する科目:「農業と環境」・「総合実習」・「農業情報処理」・「課題研究」 
コース
 学習内容
 設置校
 資源動物コース家畜の飼育・繁殖など畜産技術を中心に学習します。
 応用動物コース実験動物やペットなどの飼育・管理や動物の生活・健康への活用などを中心に学習します。


3 食品科学科  
(1) 学習内容
 人間の健康を守り、豊かな生活を送る上で、「食」の問題は避けて通れません。
 安価で安全・良質な食品を安定的に供給するために、食品の加工・製造、安全・衛生管理をはじめ、生産者から消費者までの流通に関する問題など「食」について総合的に学習します。

(2) 主な学習内容及び学習科目          
   ※各学校で共通に学習する科目:「農業と環境」・「総合実習」・「農業情報処理」・「課題研究」
学科
学習内容
設置校
  食品科学科食品の加工及び流通を中心に学習します。 県立勢多農林高等学校
食品の加工・実験等を中心に学習します。


4 地域産業科
(1) 学習内容
   地域産業の発展に貢献できる人材となるために、地域資源を活用する企画立案力などを身に付けながら、植栽活動や異世代との交流活動、ニーズを捉えた商品の開発などについて学習します。

(2) 主な学習内容と学習課題
   ※各コースで共通に学習する科目:「農業と環境」・「総合実習」・「農業情報処理」・「課題研究」 
学科
 学習内容
 設置校
  地域産業科食品の加工や活用、食品開発、園芸植物の栽培等の知識・技術を総合的に学習します。 


5 グリーンサイエンス科  
(1) 学習内容
       地域の活性化や専門技術者の育成に向けて、地域農業や関連産業など地域と連携し、農業について科学的かつ総合的に学習します。

(2) コースごとの主な学習内容と学習科目
   ※各コースで共通に学習する科目:「農業と環境」・「総合実習」・「農業情報処理」・「課題研究」
コース
 学習内容
 設置校
  植物科学コース地域農業や環境など、植物を科学的に捉え、植物バイオテクノロジー、栽培・加工・販売等について学習します。
  生物応用コース 地域の活性化や6次産業化など、農業を総合的に捉え、キノコや農畜産物等の生産から商品化、環境保全等について学習します。


6 環境土木科・環境工学科・緑地土木科
(1) 学習内容
 土木技術は文明を築き、私たちの生活を豊かにしてきました。
 土木技術に関する学習を基礎に、自然を活用した生活空間、地域空間や都市空間、また豊かな地域社会の創造について総合的に学習します。

(2) 各校に設置されている学科・コースごとの主な学習内容及び学習科目  
   ※各学校で共通に学習する科目:「農業と環境」・「総合実習」・「農業情報処理」・「課題研究」 
ア 環境土木科
コース
 学習内容
 設置校
  環境工学コース 地域環境の創造や土木工学等を中心に学習します。
  ガーデニングコース自然を活用した生活・地域・都市空間の計画・整備を中心に学習します。
イ 環境工学科
学科
 学習内容
 設置校
  環境工学科地域環境や基盤整備を中心に、緑豊かな国土の創造と保全、快適な生活空間の計画について学習します。
(R30.4月開校)
ウ 緑地土木科
コース
 学習内容
 設置校
  農業土木コース地域環境や基盤整備を中心に、緑豊かな国土の創造と保全、快適な生活空間の計画について学習します。
  緑地環境コース造園の計画・設計・材料、また施工・管理を中心に学習します。


7 グリーンライフ科
(1) 学習内容
 農業、農村や森林は、食料や木材の供給だけでなく、自然環境の保全や水資源のかん養等の公益的な役割も担っています。農林業についての科学的な知識・技術とともに、農林業や農山村の持つ多面的な機能や身近な生活環境、自然環境について学習します。 

(2) 各校に設置されている学科・コース毎の主な学習内容及び学習科目
  ※各学校で共通に学習する科目:「農業と環境」・「総合実習」・「農業情報処理」・「課題研究」           
コース
 学習内容
 設置校
  森林科学コース自然環境に配慮した森林を造る技術や森林環境、森林活用等について学習します。
  生活環境コース 草花の栽培技術、観光農園やグリーンツーリズム、家庭看護・福祉等について学習します。


8 ヒューマン・サービス科
(1) 学習内容
 豊かな家庭生活や社会生活を築くためには、「衣・食」の問題をはじめ、保育や看護・介護、生活環境の改善などについて適切に判断し、行動することが大切です。福祉・介護活動、生活環境の改善などの学習を中心に、豊かな家庭生活や社会生活の創造について総合的に学習します。

(2) コースごとの主な学習内容と学習科目
  ※各コースで共通に学習する科目:「農業と環境」・「総合実習」・「農業情報処理」・「課題研究」   
コース
 学習内容
 設置校
  園芸福祉コース草花などの園芸作物の栽培や福祉への活用などについて学習します。
  フローラルライフコース 草花園芸を基礎とした花と緑のアレンジメント、室内装飾、生活環境のデザインなどについて学習します。


9 農業に関する系列を設置する総合学科 
  ※総合学科に関する全般的な説明は、総合学科のページをご覧ください。ここでは、農業に関する系列についてのみ掲載します。
系列
 学習内容
 設置校
  いのちと緑を育む系列園芸植物の栽培やバイオテクノロジー、農業を取りまく環境等について学習します。        
  食を科学する系列  食品の製造を中心に、食品の栄養素や衛生・安全等について学習します。
  食と経済を考える系列 食品の生産から加工・流通・販売までのフードシステムについて学習します。
  花と緑で環境を創る系列  園芸植物の栽培を基礎に、フラワーデザインやガーデニングデザイン等について学習します。
  生物資源系列 食料生産や生命、自然、環境について学習します。
  食文化系列  食品の加工、食文化や栄養等について学習します。
  食文化系列 食品の加工・調理、流通、食文化等について学習します。